wordpressのアイキャッチ画像

WordPressを使用している中で世界一表示速度が速いブログ

今まで様々なブログを見てきましたが、Wordpressを使用して構築されたブログ(サイト含む)の中で、国内どころか世界一表示速度が速いブログのご紹介。

表示速度が速いサイトと言えば、国内では俳優の阿部寛さんのサイト、海外ではdev.toが話題になりました。

阿部寛さんのサイトは静的サイト、dev.toは動的サイトという大きな違いがあり、当然動的サイトの方が表示速度では不利になりますが、静的サイトにも肉薄する表示速度で多くの方を驚かせました。

動的サイトでその動作、実行速度、表示速度で遅い遅いと言われているWordpressで、一番表示速度が速いサイトはどこなのでしょうか。

W3Techsによると、Alexa(Amazon.comの会社)が提供するウェブサイトの3ヶ月の平均人気ランキング、上位1000万サイトの内、2018年7月時点でWordpressで構築されたサイトは31.4%、CMSのシェアとしては59.9%もあります。

こんな感じでWordpressを使ったサイトは山ほどあるので、全てを確認できているわけでは無い、あくまで私見での判断ですが間違いなく下記サイトは速いです。

q-az.net

q-az.netです。神速すぎ。

WEB制作に関する記事を公開しているブログで、今は色々な意味で残念な事になっているアメーバブログでブログをしていた時から、管理人さんとは軽い知り合いだったりします。

なのでq-az.netが開設された時から知ってるんですが、それ以前も現在に至るまでもこのブログよりも速いWordpressのサイトを見た事が無いです。

Google chromeのシークレットウィンドウを開き、デベロッパーツールでそれぞれのTOPページを計測、比較してみました。

q-az.net 阿部寛 dev.to
DOMContentLoaded 55ms 32 106ms
Finish 82ms 156ms 3.46s

うん・・・Wordpressの速度じゃないわこれ。。。

因みに凄い所はq-az.netさんはコンテンツページ(記事ページ)でもTOPページとほぼ変わりない速度であるという事。現在の表示速度低下3大要因とされているGoogle adsenseとGoogle Analyticsの二つを使用している。それなのにこの速さ。

ページ表示速度測定サービスで有名なPageSpeed InsightsやPingdom Website Speed Testは相手方のサーバーに無駄に負荷を与えてしまうと考えたので、デペロッパーツールで2.3回ほどのアクセスで確認しています。
シークレットウィンドウを使用しているのは、普段使いの状態では拡張機能が表示速度に結構影響する為です。※Disable CacheはOnです。

速さの要因は?

速さの要因としてはq-az.netさんのブログ記事にも色々と書いてあるので、そちらを見て頂くのが一番かと思います。

大きく高速化に影響してる部分は恐らく

  • jsやフォントをスクロール発火で読み込みの
  • サーバーのLiteSpeedやばい
  • SVGとかdata URI scheme

この3点が大きいかなと思う。

特にLiteSpeedはApacheとNginxの約3倍くらいの応答速度らしいからKUSANAGI×LiteSpeedとかできひんかなぁ・・・

さすがにFinish82ms以内のサイトとか無いと思うけど、Wordpress使ってるサイトでこれ以上高速なサイトをご存知でしたら、何らかの形で教えていただけるとありがたいです。