【wordpress】これからブログを始める人にオススメする導入必須のワードプレスplugin13選

2016年4月12日wordpress, ブログ運営

これからワードプレスを使いブログを始める方にオススメするプラグインをご紹介します。

ブログを書きやすくするものから、SNS連携、過去記事の自動ツイートなど、アクセスアップに関連するものもあるので、是非導入してみてください。

ブログを主な目的にワードプレスを使用する場合は、ほぼ必須のプラグインかと思います。

記事投稿時に自動でツイート

記事投稿時や編集時に自動でtwitterにツイートしてくれる。

twitterとの連携設定をして、設定項目を埋めていけば後はもう自動で全てやってくれる。ツイートする形式を自由にカスタマイズ出来るほか、記事のタグをハッシュタグに自動設定も出来たりできる。

また記事投稿画面でも、カスタムツイートの設定が出来るので、【この記事だけツイートしない】や【この記事だけリプライの記述をする】なども出来る必ず入れておきたいプラグイン。

■インストールから設定までの解説記事。

過去記事を自動でツイート

befferと連携し過去記事を自動で定期的にツイート出来る。

過去の記事を自動ツイートする事により、過去記事を埋もれさすこと無く出来る。ブログの購読者数やtwitterのフォロワー数が増えていった時、こうして過去記事をツイートする事で、記事公開時は殆どPVが無かった記事でも、バズる時がある。

■インストールから設定までの解説記事。

記事をgoogleに高速インデックス&盗用防止

googleの検索エンジンに対して高速でインデックスさせる事が出来る。

高速でインデックスさせる事のメリットは様々だが、主には記事の盗用対策に使える。盗用された記事が先に検索エンジンにインデックスされた場合オリジナルの自分の記事が【パクリ】扱いされる事がある。記事公開後、数分~数十分程度でインデックスされるので、盗用対策にはもってこいのプラグイン。

類似の機能をもったプラグインで、PuSHPressというものもあるが、設定でHubの追加が出来るPubSubHubbubをオススメする。

特に設定する事無くインストールするだけで機能する。

記事に埋め込んだ動画のサムネイルを自動生成&アイキャッチに設定

記事に埋め込んだ動画共有サイトの動画のサムネイルを自動で取得して、更にアイキャッチ画像を設定していない場合は自動で設定してくれる。

対応サイトも数多くある、以下は対応サイトのリストです。

  • YouTube
  • Vimeo
  • Facebook
  • Vine
  • Twitch
  • Dailymotion
  • Metacafe
  • TED
  • VK
  • Blip
  • Google Drive
  • Funny or Die
  • CollegeHumor
  • MPORA
  • Livestream
  • Wistia
  • Youku
  • Tudou
  • SAPO
  • Rutube

■インストールから設定までの解説記事。

youtube動画を埋め込んだ記事のページ表示速度を高速化

記事にyoutube動画を埋め込んだ際、1つの動画だけなら表示速度にさほど影響は与えないが、5個や10個など複数の動画を埋め込む際には大きくページ表示速度が低下してしまう。

アクセス時に動画サムネイルを変わりに表示し、サムネイルをクリックしてから動画を読み込む為、大きく表示速度の向上が出来る。サムネイル画像もキャッシュされるので、複数動画をひとつの記事内で使う事が多い場合は、ページ表示速度の問題で、直帰率や離脱率が高くなってしまうので導入必須。

■プラグイン導入ページの例(動画は記事下部)

https://11neko.com/wp_plugin/

サイトマップの自動作成

SEO対策をするなら必須のプラグイン。

検索エンジン向けのXMLサイトマップを自動で生成し、記事更新時にも自動で更新してくれる。

■インストールから設定までの解説記事。

最新のバージョンは不安定でエラーが多いので、過去のバージョンを使用した方がいいかもしれない。

過去のバージョンは、プラグインページの【Developers】メニューの【Other Versions】からダウンロードできる。当ブログは安定版の3.4.1を使用しています。

【wp plugin】Google XML Sitemaps 4.0.4でエラーが出たときの解決方法

SEOの総合的な対策プラグイン

総合的なSEO対策をしてくれるプラグイン。

最近のテーマでは、テーマ自体がAll in One SEO Packと同じような機能を持っているものも多いため、使っているテーマ次第では導入するとmetaタグやOGPタグの二重記述になってしまう場合がある為、導入前に確認しておくといい。

■インストールから設定までの解説記事。

重くなっていく管理画面を軽くする

記事を書いていくと自動でリビジョンが溜まり、管理画面が重くなっていく、溜まったリビジョンを排除し高速化するプラグイン。

管理画面が重いなぁと感じたら、このプラグインを使用すると改善されるかもしれない。

■リビジョンについての解説と使い方の記事

リンク切れのリンクを発見して通知・修正する

リンク切れのリンクをそのままにしているとSEO的にマイナス評価に繋がるほか、訪問者からも【このリンク繋がらないやんけっ、なんやこのブログ!】と思われてしまう。そんなマイナス要因をすばやく発見して修正できるプラグイン。

■インストールから設定までの解説記事。

自動で画像を軽量化&過去の画像も圧縮軽量化する

画像ファイルのUP時に自動でファイルサイズを圧縮・縮小してくれる。

また過去にUPした画像ファイルやテーマに同梱されている画像ファイル等も圧縮できる。

設定では圧縮率なども変更できるので、ページ表示速度対策の為には必須のプラグイン。

■インストールから設定までの解説記事。

CC0等、著作権フリーな画像を記事内で使う

記事内で定期的に挟むアイキャッチ画像を使う際に、記事編集画面から検索し、貼り付け・アイキャッチ画像設定などができるプラグイン。

29万個以上の著作権フリーな画像を手軽に探せる為、記事作成時の効率が非常に上がる。CC0やPD等のライセンスなので、著作者の表記なども不要で利用できる。

■使用例

Pixabay Imagesの使用例
RondellMelling / Pixabay

■インストールから設定までの解説記事。

人気記事ランキングを設置する

アクセス数に応じた記事のランキングを表示出来るプラグイン。

表示形式も全記事ランキングや、カテゴリー別アクセスランキング、集計期間別の当日、一週間、一ヶ月、全期間単位でのランキング表示も可能。
設定項目にサムネイル表示の有無もあるので、サムネイル付きの人気記事ランキングも設置できる。

■インストールから設定までの解説記事。

外部記事の引用・紹介等を超簡単にする&自動サムネイル画像生成

最後に外部記事の紹介や引用時に役立つプラグインです。

実際にここまでのプラグインの紹介で、このプラグインを使用しています。自動でサムネイルを生成してくれる他、ブラウザの拡張機能と併用することでかなり便利に使えるようにしています。

Browser Shots使用方法の紹介-設定編

Create Link – Chrome ウェブストア

プラグインをインストール、有効化した後に、Create Linkというエクステンションを導入します。

導入後にブラウザの右上にアイコンが追加されるので、【Configure】から設定画面へ移動。

Create Link設定
Create Link設定

次に【Formats】の項目を編集します。
画像左下の【+(プラス)】アイコンをクリックする事で項目を追加できます。

Create Linkの設定
Create Linkの設定

【name】の項目は任意で分かりやすいものを
【Format】の項目では、ブログカード的なリンクにしたかったので、下記のようにしています。

引用文も適切にqタグを使用し、cite属性も記述しています。

続いてworedpressのstyle.cssを編集します。

Browser Shots使用方法の紹介-使用編

設定が完了したら、実際に使っていきましょう。

引用したい記事の文章を選択し、右クリック
メニューに【Create Link】が追加されているので、カーソルを合わせ追加した名前のformatを選択。

Create Linkの使い方
Create Linkの使い方

これでクリップボードに選択した内容が適切にformat内収まりコピーされているので、そのまま記事編集画面に貼り付ける。

Create Linkの使い方
Create Linkの使い方

するとこのようになります↓

まとめ

あんまりプラグインを大量に入れすぎても良くないので、必須の物を挙げてみました。これらのプラグインは実際に使っているので、相性が悪く動かない等という事はありません。

記事を書いていくうちに表示速度等が気になるようでしたら下記記事を参考にしてみてください。

【wordpress】ワードプレス高速化まとめ

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!