自分のつぶやきがどれくらい見られているか調べれる【twitter analytics】

tool

twitterで毎日つぶやいている人もそうでない人も、どれくらい自分のつぶやきが他の人に見られているか気になる事はありませんか?

2014年8月27日にtwitterがサービスを開始した公式のtwitterツール【twitter analytics】を使えば、自分のつぶやきに対する情報がいろいろと分かるようになります。
結構詳しい解析が出来るので、まだ使用していなければtwitterを何らかの活動に使っている方は導入したほうがいいと思います。

twitter analyticsで分かる事

twitter analytics

・インプレッション

ユーザーがTwitterでツイートを見た回数

他人のタイムラインにつぶやきが表示された回数
どの時間帯につぶやいたツイートがよく見られているか把握する事で、見られたいツイートを効率良くツイートすることが出来ます。

・エンゲージメント

ユーザーがツイートに反応した合計回数。ツイートのクリック(ハッシュタグ、リンク、プロフィールの画像、ユーザー名、ツイートの詳細表示のクリックを含む)、リツイート、返信、フォロー、お気に入り登録を含みます。

そのつぶやきの反応数を把握する事で、どのような話題やつぶやきが拡散されやすいかを把握することが出来ます。

・エンゲージメント率

エンゲージメント(クリック、リツイート、返信、フォロー、お気に入り登録)の数をインプレッションの合計数で割って算出します。

見られた回数は多いけど、反応率が低い場合はあまり拡散されるようなつぶやきではないという事なので、それも分析できるのはいいですね。

次にインターフェイスの面で、画面上部からの解説

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

右上のメニューからデータを表示する期間を指定できます。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

データをエクスポートからはCSVファイル形式でのデータがダウンロード可能。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

右上の期間指定で指定した期間分のインプレッション数をグラフで確認できます。
インプレッションというのは要するに他人のタイムラインに【つぶやきが表示された回数】です。

続いて下のタイムラインには自分のつぶやきが表示されています。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

このように各つぶやきに対するインプレッション数やエンゲージメントとその率を見ることができます。
つぶやきをクリックすると、そのつぶやきの詳細情報が見れます。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

ユーザープロフィールのクリック数なども見れるので、ここが比較的高くて、中々フォロー数が増えないようであれば、プロフィールの画像や文章を見直すのがいいと思います。

次はサイドバーです。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

指定した期間内での情報が出ます。
各グラフのポイントをマウスオーバーすると、そのポイントの日付の情報を見ることが出来ます。
一日当たりのアクション数を見れるのもいいですね。

続いて上部メニューの【フォロワー】タブページ

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

フォロワーの上下限数の情報や、フォロワーの興味分野や位置情報、性別などが確認できます。

【twitterカード】メニューからは、twitterカードの設定をしていると情報が見れるはずなのですが、設定してるにも関わらず見れませんでした。また調べておきます。

twitter analyticsの解説
twitter analyticsの解説

備忘録

個人の活動でも、企業での利用などでも、こういったデータ解析をする事は重要な事なので積極的に活用していきたいですね。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!