photoshopで二重まぶたを作る方法

photoshop, WEB制作

photoshopで二重まぶたを作るチュートリアルです。
具体的には一重まぶたの人物を二重まぶたにしちゃおうという方法です。

二重にも種類があり、平行型、末広型、幅広型、奥二重型等がありますが、今回は作りやすい平行型で作っていきたいと思います。

前回のphotoshopで瞳・目を大きくする方法に引き続き、大川さんの素材写真を使用させていただきました。

完成画像
完成画像

STEP1 二重の線を引いていく

前回の画像を使っているので目を大きくしている状態ですが、一重の形と二重の形は違うので、大きくしない場合でもゆがみツール等で、形を整えておきましょう。

二重の線を引いていく
二重の線を引いていく

画像を配置後、新規レイヤー作成
新規レイヤー作成後に、二重の線をブラシツールで引いていきます。

二重の線を引いていく際には、予め始点、頂点、最終点を決めておいたら作業がしやすいです。
私の場合は、ペンツール等でパスを作っておくとやりやすいと感じています。

線を引く目安
線を引く目安

ブラシの描画色は黒か肌色に近い色で。
ブラシで線を書いた後に、ぼかしを若干入れて、ワープツールで形を整えていきます。

二重の線を整える
二重の線を整える

ここまででこの様な感じになります。

途中経過
途中経過

STEP2 レベル補正と影をつける

先ほど作業したレイヤーに調整レイヤーでレベル補正を追加します。
調整レイヤーにクリッピングマスクを追加で、直下のレイヤーにのみ適用させます。

属性パネルで調整していきます。
肌の色に合うようにほんの少しRGBもいじったほうがいいです。

調整レイヤーレベル補正
調整レイヤーレベル補正

次に新規レイヤーを作成、二重の線の下に影を追加します。
ブラシツールで、がっつりペイントしていきます。
多少瞳部分にかかっても、後でマスクで調整出来るのでさらっとペイントしちゃいましょう。

二重の線の下に影を付ける
二重の線の下に影を付ける

二重の線の下のレイヤーの描画モードを【ソフトライト】にし、不透明度を調整します。
更にペイントしたレイヤーにマスクを追加。
ついでに二重の線にもマスクを追加しておきましょう。

マスクを追加
マスクを追加

最終段階です。
拡大・縮小を繰り返し、確認しながら自然になるように修正していきます。

二重の線の形に違和感を感じたら、ワープツールなどで修正。
線の長さ、線の始点や最終点に違和感を感じたら、指先ツール等で修正。
このように細かく修正していきます。

うまくいけばこの時点で完了です。
もし違和感を感じるようであれば調整レイヤーで線の明度を調整したり、追加したマスクで線や影を調整する事が出来ます。

縮小での確認
縮小での確認
拡大・縮小しながら確認
拡大・縮小しながら確認

備忘録

他の末広型、幅広型、奥二重型の二重まぶたも、ほぼ同じ手法で作れるので、挑戦してみてください。
ここで使ったテクニックなどは、photoshopでメイクを施す場合にも使う場合があるので、覚えておくと便利かもしれません。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!