photoshopブラシの追加方法と管理方法

photoshop, WEB制作

photoshopの基本操作チュートリアル。
有料・無償問わず便利なブラシが星の数ほど配布されているphotoshopブラシ。

せっかくダウンロードしても、たまにど忘れして分からなくなる事があるので、復習しておきましょう。
あと追加しすぎて、どれがどのブラシか分からなくなる場合の管理方法も解説。

ブラシ追加方法

実は一番簡単な方法があって、photoshopを開きダウンロードしたブラシファイルをそのままドラッグ&ドロップする。これでブラシが追加される。

photoshopブラシの追加方法

その他の方法

まずphotoshopを起動し、【F5】キーを押し、ブラシパネルを表示する。
既に表示されている場合は、そのまま次へ。

表示されたブラシパネルのタブを【ブラシプリセット】にする。
ブラシパネルの右上にあるドロップダウンメニューを開く。

photoshopブラシの追加方法

ブラシの追加方法はいくつかあるのでそれぞれの方法について解説。

photoshopブラシの追加方法

プリセットマネージャーから読み込む

photoshopブラシの追加方法

【プリセットマネージャー】を開くと、上記画像のウィンドウが開く。
【読み込み…】でダウンロードしたブラシファイルを選択すれば、ブラシファイルが追加される。

このプリセットマネージャーは、ブラシファイルの管理やブラシセットを作るときにも使うので、一番良く使うかもしれない。

ブラシファイルの読み込みから読み込む

これは現在のブラシプリセットにブラシを追加する。
プリセットマネージャーと同様に、クリックしたらウィンドウが開くので、読み込みたいブラシファイルを選択して読み込ませる。

photoshopブラシの追加方法

置き換えから読み込む

これは選択したブラシファイルのブラシのみを、ブラシプリセットにセットする。
用途別にブラシプリセットを分けて使う時に良く使う。

smoke.abrはブラシが1つしか入っていない為、このようになる。

photoshopブラシの追加方法

ブラシの管理方法

一つのプリセットにブラシを追加しすぎるとごちゃごちゃになったり、photoshopの起動が遅くなる事もある、どこにどのブラシがあるか分からなくなる時があると思う。そんな時はブラシをプリセット単位で管理しておけばいい。

プリセットマネージャーを使って管理する方法だが、あくまでも自分のやり方なので参考までに。

まずは【使う頻度の多いブラシプリセット】を作る。
【プリセットマネージャー】を開き、良く使うブラシだけ残しいらないブラシは排除していく。
(右クリックからのメニューでもいいし、右側の【排除】からでもいい)

photoshopブラシの追加方法

使うブラシだけ残したら【ctrl + A】で全選択し、【セットを保存】する。

photoshopブラシの追加方法

後は自分が分かりやすい名前をつけて保存。

photoshopブラシの追加方法

あとは同じ手順で【煙ブラシセット】や【水ブラシセット】、【木ブラシセット】など用途に合わせたブラシプリセットを作成して作っておく。ブラシを読み込ませるときは【ブラシの置き換え】からする事でブラシが混合しなくて済む。

こうする事でブラシプリセット単体のファイルサイズが減るので、photoshopの起動も軽くなり、動作も軽快になる。

ちょっと面倒だけど、後々作業効率が上がる事に気がつくので、もしやっていなかったら早めにやっておいたほうがいいですよ^^

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!