海外の自主制作映画 実写版メタルギアソリッドが面白い

エンタメ

MGS Philanthropy(メタルギアソリッド フィラソンロピー)という自主制作映画をご存知だろうか?

繊細に練り上げられた重厚なストーリーとステルスアクションというジャンルで第一に名を挙げられる地位を築いた、世界で絶大な人気を誇るゲーム【メタルギアソリッド】シリーズ。

海外のファンが、構想、制作に7年もの月日を費やした渾身の一作であり、2009年にpart1の完成版がYOUTUBEにupされている。

日本語字幕も付いてるので、問題なく見れます。
約1時間あるので、時間がある時に見ることをオススメする。

『メタルギアソリッド』実写映画化に進展、脚本家が決定 – 映画 – ニュース – クランクイン!

脚本を担当するバスは比較的知られていないが、注目の脚本家だ。『ダイナソー・プロジェクト』(13)の後は、映画『GODILLA ゴジラ』(14)のギャレス・エドワーズが脚本・製作・監督を務めた2010年作品『モンスターズ/地球外生命体』の続編となるSFスリラー『Monsters:Dark Continent(原題)』の脚本を執筆した。また、『フランケンシュタイン』(32)や『ドラキュラ』(79)などの権利を有するユニバーサル・ピクチャーズが進める、往年のモンスター映画のリブートプロジェクトに携わる予定とのことだ。

既にハリウッド映画化が決定しているメタルギアソリッドですが、長らく映画化についての情報がなかったのですが、最近脚本家が決定したようです。メタルギアソリッド・・・公開日が待ち遠しいですね。是非ともハリウッド版ドラゴンボールの様な二の舞にはなってほしくないものです。

いつのまにか新作の告知がされていた

MGS Philanthropyの制作チームの公式サイトで、いつの間にか新作のトレーラー動画が公開されていた。

前作と比べ細かい所の表現やクオリティが上がっている。

ゲームの方も注目!

映画の方も楽しみですが、ゲームの方の新作も楽しみです。

METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAINの発売日も2015年9月2日に決定し公式サイトで告知されています。新しいグラフィックエンジンでの美麗なエフェクト・グラフィック表現、広大なオープンワールド、新しいシステムややりこみ要素、そしてオンライン。プレイできる日が待ち遠しいですね。

新世代の「メタルギア」 | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN – 公式WEBサイト

http://www.konami.jp/mgs5/tpp/jp/evolution/_img/page_ti.png

関連リンク

METAL GEAR PORTAL (メタルギア・ポータル:公式) | KONAMI

■-Metal Gear Solid Philanthropy 公式サイト

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!