人気youtuberヒカル氏の謝罪動画を全文書きおこし

エンタメ, 動画

VALU騒動で炎上中のyoutuberヒカル氏が2017/09/04に騒動についての説明と謝罪動画をUPしました。

出来るだけ忠実に文字に書き起こしたのですが、聞き取りが難しい部分では間違いがある可能性もありますので、確実な情報を得たい方は、合わせて動画もご覧ください。

『動画』いつも応援してくださっている皆様へ

動画内音声書きおこし

この動画では、今回のVALU騒動に関しての、真実を僕達の知る範囲で包み隠さずお話します。

何故、謝罪しなかったのか?
何故、今になって話すことを決意したのか?
に関しては、今回のVALU騒動の一連を聴いて頂いてからお答えしたいと思います。

時系列は定かではないので、僕達が思っている範囲での話しになってしまうことはご了承ください。LINEのやりとり等の証拠も存在していますが、動画内ではそれは公開しません。必要なときに必要な場所へ提出します。

思い出しながら全てを話すと、複雑すぎて話がまとまらないですし、伝え忘れ等がある可能性があるので、紙に書いてきたことを読む形をとらせて頂きます。

まず、事の初まりはVALUというサービスで、ヒカル、ラファエル、いっくんで、価値を競い合うというYoutubeの企画をしないか?という所からでした。

その時点で、僕達三人にはVALUの知識は殆ど無く、すごく軽い気持ちでひとつの企画として、面白そうだなぐらいに思っていました。

そしてVAZでネクストステージのマネージャーを担当していた井川さんが、VALUを既にしていたこともあり、教えてもらいながらこの企画をする事になりました。

この時、僕達4人以外、VALUと密に繋がっている方が2人とVAZの従業員のもう一人、アドバイザーのような役割で関わってくれていました。

VAZの従業員は、個人的に関わっていました。

VALUは当初から、この企画に関わっていたのは事実で、最初に設定したユーザーを消すことは出来ないはずですが、消すことができたのはVALUに頼んで消してもらったからです。

このように当初からVALUと連携して、企画が盛り上がるよう準備していました。
その中で、井川さんが僕達のVALUを最初に購入して、高くなったら売っても問題ない事は、そのアドバイザーの方達に確認していて、僕達三人にはそれが駄目だという事の認識がありませんでした。

しかし、結果としてこれは大きな問題に発展しました。
これは自分達の認識不足で、知識の及ばない事に、軽はずみに関わってしまったと、深く反省しています。

本当に申し訳ありませんでした。

そして優待に関してですが、優待をつけると言った事はなかったですが、僕のVALUのタイムライン上に初期に井川さんが設定していた優待情報が載っていたことは事実です。

井川さんにVALUの設定をお願いしたのは自分で、誤解を招いてしまった事で、全て僕の責任です。
本当に申し訳ありませんでした。

優待情報のところには、優待が無いから大丈夫だと軽く考えていて、こんな問題になるとは思ってなくて、問題になった後、それを軽く見て自分のキャラを貫く為に、煽るような発言をしてしまった事、申し訳なく思っています。

ここに関して、一切の悪意や騙そうという気持ちは無かったですが、結果としてそう捉えられることをしてしまいました。

本当にすいませんでした。

次に僕達がVALUを売ったことに関してですが、みんなで話し合った結果、インパクトが残るような事をしたいという結論になり、当初予定していたVALUで価値を競い合う動画を撮る路線は、ここで変わりました。

ちまちまやっていてもYoutubeとして面白くない。
全員で売ってある程度まとまった金額になったら、『○○円支援してもらいました。』というような企画に変えて、そのお金をYoutubeの企画で使えば、盛り上がるという考えでした。

それがお金を騙し取ったと言われるなんて事は、この時点では誰も予想しておらず、多少何処かから反感を買っても盛り上がるだろうという、程度の軽い考えでした。

そして、その提案で、僕達三人も、その他の人も納得し売ることが決まりました。

井川さんはこれを知っていましたが、先ほど言ったように、それが駄目な事という認識は全くなかったです。VALUのサービスの中で出来る事をしているだけだと考えていました。

本当に無知で認識不足だったと思います。
まことに申し訳ございませんでした。

これがVALU騒動のおおまかな一連の流れです。

表に出ている情報と大きく違う点は、VALUも関与していた、VAZの関係者も関与していた、という2点になると思います。

そして、最近新たに僕のオフ会のボランティアスタッフが、井川さんにVALUを薦められていたという話が出ていますが、これに関しては僕もネットと同じタイミングで知りましたし、ボランティアスタッフの方とは、オフ会でしか交流していません。

これは全てのボランティアスタッフに、聞いていただければ分ることで、僕はこの部分に関して、一切関与していません。

また、ボランティアスタッフがプレゼント企画で優先的に当選という話も、絶対的に無く、そもそもYoutubeのコメントでどれがボランティアスタッフのアカウントかは判断しようもありませんし、そのような事は一切していないです。

過去に数回、Twitterで当選者を選んだ事がありましたが、その時は動画内でも言ったように、僕のアプリを沢山遊んでいる濃いファンから当選を選びました。

しかし、それをボランティアスタッフの中から選んだつもりはありません。
偶然そうなってしまっていたかもしれないですが、僕も当選者全員を覚えてはいないので、それに関しても強く否定します。

以上が今、問題に、主に問題となっている。と思いますが、僕達がしてしまった事は、取り返しが付かない事で、認識不足だったという言葉では、済まされないです。

この事件の影響で、全てのイベントが無くなり、沢山のファンを裏切る形となりました。

騒動後も、自分達の口から謝罪も無く、釈明も無く、機械的な文字だけのツイートをして、沈黙を続けてきたことで、沢山のファンの皆様を不安にさせてしまった事、本当に申し訳ありませんでした。

ここからは何故、ここまで事実を公表せず謝罪しなかったのか。何故今になって話すことを決意したのか。について話します。

何故謝罪しっ、何故謝罪しなかったのか。

VAZとの話し合いで法律問題に発展している為、この件について発言しないで欲しいと言われていたからです。

そしてそれが、VAZの為でもあり、自分達のためでもあると思っていたからです。

何故今になって話すことを決意したのか。

ファンからの信じていますの言葉を見る度に、話せないもどかしさや、話さないときっとファンは納得しないという葛藤にずっと悩み続けてきましたが、今まで応援してくれていたファンに、このまま偽り続けることが耐え切れなくなりました。

自分達のした事以上に制裁を、自分達が矢面に立ち、嘘の情報すら真実とされ、その全てを受け続けることに耐え切れなくなりました。

ここまで真実で無い事が、真実だと言われ、それを事務所の為だという理由で自分達が全てを背負うのは耐え切れなくなってしまっていました。

僕達にとって、自分の会社の従業員、家族、なによりファンの方達が、全てで、僕達が真実を話さない限り、一生VALU騒動の最大の悪はヒカル、ラファエル、いっくんで、僕達3人は詐欺師で、そのレッテルを一生背負って生きなければならないという事実がわかりました。

それは、僕達の従業員が詐欺師の会社の従業員になり、僕達の家族は、詐欺師の家族になる。そして、僕達を信じてくれているファンの方達も、後ろ指をさされ続ける、そういう意味でもあるので、それだけは黙って受け入れることは出来なかったです。

ただ、この行動には未だに葛藤があります。どれが正解かは今でもわかりませんし、VAZに申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にすいませんでした。

VAZか自分達とファンと身内を、どちらかを優先しなければならない板ばさみで、この2週間はVAZの『なんとかする』『なんとかなる』を信じ、VAZに火の粉が飛ばないよう自分達を押し殺し、自分達のファンや身内には耐えていてもらっていましたが、もうそれが耐え切れなくなり、保身に走ってしまいました。

この動画を公開する事で、どうなるかは想像もつきません。

ですが、これ以上、嘘を重ね、今まで応援してきてくれていたファンの方達を、裏切り続けることは出来ないです。

このままではこれまでのように、楽しくYoutubeでの活動が出来ないです。
胸を張り、生きていくことが、出来ないです。

いまさら、今更何を言っているんだ、と言われるのは百も承知です。
僕達がいう事は、全て嘘のように聞こえてしまうと思います。
それくらい信用を失っている事を、重々承知で今回の動画を撮影しています。

僕達は、もう嘘を重ねることを辞めたいので、嘘だと思われても仕方ないという中で、今回の動画を撮っています。

今後についてですが、無期限の活動休止とさせていただきます。

そしてネクストステージのメンバー皆で話しあった結果、ネクストステージについても解散とさせていただきます。

今後誰とどんな話になるのか、全くわからないですし、ここまで大きな騒動になってしまった背景には、僕達の普段からの行動や言動が、攻撃的で不必要に敵を作ってしまうような活動内容だったからだと思っております。

活動を自粛し、これまでの活動で駄目だったところは、しっかりと反省し、改めないと、また同じような騒動を引き起こしてしまいます。

そして、自分達の招いたこととはいえ、僕達の現在の精神状態はとても活動できる状態ではなく、それらをふまえ活動を休止します。

今回の件は、自分達に責任があり、原因があり、ここからどうなっても全てを受け入れる覚悟です。

しかし、偽ることはもうしません。

僕達のVALUを購入してくださったみなさん、視聴者のみなさん、VAZの全ての方、関わってくださった企業の皆様、本当に申し訳ありませんでした。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!