フルキャストの日雇い・日払いバイトで食いつないでいた時の事を語る【行ってはいけないブラック企業も暴露】

エンタメ

過去に半年くらいフルキャストで働いていた時の実際にあった体験談を語る。ちょっとした小遣い稼ぎや、生活の資金の為、ゆっくり転職のする際の繋ぎ等など・・・日雇い派遣をやってみようと思われている方の参考になればかと思います。

こんなんでお金貰っていいの!?と思うようなおいしい仕事もあったり、給料の割りに合っていない過酷な仕事も勿論あり、和気藹々とした職場もあれば常に殺気立っている職場もあった。また、派遣先の会社から直接雇用の話を貰った事もあるので、そこらへんも含め実際の仕事内容やうまく立ち回るコツや、楽に仕事出来る様になるコツも紹介していきたいと思う。

初めての現場を決めるとき

初めての現場を決めるときの画像
Mcability / Pixabay
フルキャストで初めて行く仕事先を決めるときは、なるべく電話で紹介される所には行かない。初めての人はブラック企業に回されやすいので(理由は後述するが)

理想としては、登録会の際に担当者に【どこが人気の派遣先】かを聞いておく。頭のいい担当者なら【出来れば長く働いてもらいたい為、比較的いい派遣先を教えてくれる。】

派遣会社としては、派遣すれば派遣するだけ儲かるのだから、長く続けてくれる人材が居た方がいい事はわかるだろう。更にある程度コミニケーションをとるようになってくれれば、ブラックな所を紹介しても飛ばない。一度ブラック企業に行かせて、その後断られても彼らには【直接電話交渉、情に訴えかける】作戦がある。

【人が集まらなくて困ってるんですよ、○○さんどうしてもお願いできませんか?】等・・・この作戦、結構通用するようで、長く使われてきている手法らしい。

どの派遣先でも仕事内容はとても簡単なものなので、技術的な事は一切必要ない。

ちなみに勘違いされやすい軽作業と書かれている募集
労働する上で必要な免許などが不要で、知識も経験も必要としない誰でも出来る作業のことなので、重量物を持ち上げたり運ぶ作業なんかもある。

日払いバイトだがその日にお金を貰える所は少ない

すぐには貰えない給料の画像
geralt / Pixabay
【日払いバイト】というのを第一にアピールしているフルキャストだが、殆どの派遣先では【その日に給料が貰えるわけではない】(当日派遣先から直接支払われるところもある。)

給与前払サービス 即給というサイトを利用して、働いた日の翌日、もしくは翌々日くらいに給料の支払い申請をして振込みされる仕組みだ。また、支払い申請出来る金額も【その日働いた分の○○%まで】といった制限がある所もあるので、すぐにお金が必要な人は担当者に確認しておいた方がいいだろう。

どんな人が働きに来ているのか?

シルエット
OpenClips / Pixabay

経験上では、10代の学生や若い子は少ない。主婦や20代~30代後半の男性が多い印象がある。

学費・授業料を稼ぎに。
就職・転職の繋ぎで。
遊ぶお金が欲しいから。
独立するから休日を捨て貯蓄の為にしている。

色々な理由があるのは当然か。
中には自営業を営んでいる方も居たり、教職員をしている人も居たりと、そういった出会いもあるので面白かったりする。

日払いバイトの募集でこれだけは辞めておけ!

これだけはやめとめの画像
finetranslate / Pixabay
引越し
イベント設営
事務所移転
食品製造工場系
フルキャストからの電話で紹介される派遣先
フルキャストからの仕事案内メールに書いてある派遣先で【特別手当】等が書いてあるもの

上記のものは成るべく避けたほうがいい。イベント設営や事務所移転は、時としてかなり時給効率がいい場合があるが、経験上【労力の割りに合わない】場合が多い。引越しの場合もそうだが、こういったガテン系の仕事には結構短気な社員さんの割合が多く、おとなしそうな若い男の子が怒鳴られたりしているのを何回か見ている。

電話で紹介されるところ等は、【受注した案件の必要人数集まらない為】だ。ベテランのフルキャスターでも断るようなブラック企業の割合が多い。特別手当が書いてあるものも同じく【給料の割りに合わない仕事内容で人が集まらないから】なので、特別手当をつけている。福島原発除染作業員募集と同じような感じだ。

そういったブラックな所で人員が揃う場合は、初めて行く人の割合が多い。何も知らないからだ。そうして1日働いては次から二度と見かけなくなる人がたくさん居た。

仕事を選ぶ権利は誰にでもある

よく【こんなご時勢だから仕事なんて選べない】という台詞を聞くが、全く持って逆だ。労働者には仕事を選ぶ権利がある。ただし仕事を選びたいなら、その仕事に関する知識を身につけたりとか、本人の努力、姿勢が必要だ。

日払いバイトも同じく、紹介された派遣先が嫌なら断ればいい。フルキャストの場合、キャストポータル(関西では)という専用サイトを使い、自分の仕事が出来る日を予約し、その日にある仕事を選び希望申請をする仕組みがある。なので嫌な派遣先には希望しない事。

電話による直接紹介でも、結構簡単に断れる。仕事を紹介して貰えなくなる等の心配はしなくていい。彼らは人に飢えているので。

逆にどこにでも文句を言わず了承して行っていると、人気の無い派遣先ばかり回されるので注意が必要だ。それなりに続けている多くの人は、【あの人はこの派遣先じゃ無いと絶対行ってくれない】という経験を内勤スタッフに与えているので、どこにでも行く人には労力に合わない仕事ばかりが待ち受けている。(内勤スタッフには喜ばれる人材だが)

仕事が楽になるコツ

日雇い仕事を楽にするコツは3つある。

1、仕事に対する意識を持つ
2、コミニケーションをとる
3、挨拶などの基本はしっかりと(明るく、笑顔で)

【なんだ、当たり前の事じゃないか】
【それで仕事が楽になる?】

このように思われる方が多いと思うが、意外と出来ない人がびっくりするほど多い。では順番に解説していく。

仕事に対する意識を持つ

例え一日限りのバイトでも仕事は仕事。給料という対価を貰い労働するのだ。

一度就業を開始したらそこからもう給料は発生している。どれだけ時給が安くても対価を貰っているのだから、一度開始した仕事はしっかりとやる。

そのような姿勢を持ち仕事をしていると、派遣先の人間にも伝わるものがある。派遣先との人にも好印象を持たれるケースが多く、向こう側から話しかけてくる機会が生まれるので、コミニケーションをとりやすくなる。

コミニケーションをとる

コミニケーションをとることによるメリットは、様々だ。

仲良くなって友達関係にもなれる、仕事の際のコツも色々と教えてもらえ、効率よく楽に作業できるようになる。さらに指定枠を作ってくれる事もある。

かなり仲良くなった段階であれば、派遣先の人間に会いに行くついでに仕事をする。くらいの気構えで仕事が出来るようになるので心理的には本当に楽になる。更には現場のリーダークラスや発言力のある人である場合、直接雇用の誘いを受ける事もある。(実際に誘いを貰った事もあるので、こういう事もあるんだなぁと思った。)

指定枠とは
フルキャストに人員募集の案件を依頼した際に、当人が仕事できる日であった場合、優先的にその職場へ勤務する事が出来る枠。人気があって直ぐに人員が埋まる派遣先などで、指定枠がとれれば大分楽になると思う。

挨拶などの基本はしっかりと(明るく、笑顔で)

おはようございます
ありがとうございます
おつかれさまでした

この3つの挨拶は基本。
出来れば明るく笑顔でしたほうがいい。

たったこれだけで好印象を持たれやすく、相手からしても話しかけやすい。

以上の事をするだけで、体力的にも精神的にも、驚くほど仕事が楽になる。

指定枠を様々な派遣先から貰っていると、フルキャストでも非公開の求人があり(新規開拓の所が多い)、そういった所を紹介してもらえる。結構な割合で条件が良く、就業先もホワイトな所が多かった。

私のおいしい体験談

おいしい体験談
sharonang / Pixabay

さてここからは実際に私が行ったことのあるフルキャストの派遣先での話しです。
実際の話なので企業名は出来るだけ伏せないで書く。

企業から直接何か言われたら伏字にするかもしれないので、ご了承を。

こんなんでお金貰っていいの?と思った仕事内容

事務所移転という募集内容で行ってみた。
募集は3人で、就業時間は3時間の予定。

PC機材などの搬入とセットアップと書いてあったので、台数多いんだろうなぁ~と思いつつ、現地に向かった。

現地に着くと、依頼先の人と合流、就業時間になり仕事開始。トラックからPC一台を台車に乗せ、エレベーターで2Fへ。2Fに到着して10歩ほど歩き【そこに置いておいてください】と。

トラックに戻り、依頼人から【セットアップは向こうの人がするらしいんで、今日の仕事はもう終わり。契約は・・・3時間って事になってるけどその分の給料は払うから、もう帰っていいですよ。】実質労働時間5分だ。しかも台車は依頼人が押したので、私がしたのはエレベーターのボタン押すだけ。他の二人は後ろに付いてきただけだ。

これで4000円の給料。こんな事もあるのかっ!と思った。

次にゲームセンターへの機材搬入の仕事。

募集人数10人。就業時間8時間の予定。
現地に到着。トラックからアーケードゲームの筐体を6人ほどで持ち、ゲームセンター内まで運ぶ。

1台運んで終了。残り4人くらい何もしてない^^;
こちらも【契約書に書いてる金額は払うんで、安心して解散していいよ】との事。

実働10分、これで8000円の給料。

最後にパチンコ屋の清掃の仕事

これは上記のように格段に凄い訳ではないが、結構ホワイトな職場だったと思う。就業時間と給料は決められているが、早く終わればその分実働時間が減り、時給効率が上がるのだが、大抵早く終わる。8時間の予定時間が、実働2~3時間くらいで終わるので身体的にはかなり楽だった。

給料も手渡し(希望する人のみ、社員さん含め)なので、その日のうちに貰うことが出来る。パチンコ店の清掃という事が関係しているか知らないが、パチンコ好きの人が多く、パチンコ屋で清掃して貰ったお金で帰りにパチンコ打ちに行って負けるという笑い話がよくあった。

絶対に行くな!派遣先ブラック企業

ブラック企業の画像
geralt / Pixabay

実際に行った中でのブラック企業を内容と共に暴露する。ちなみにどれも全国にあるものなので、どの工場かは書きません。関係者の方が見られましたら、しっかりと内部調査して頂きたい。(抜き打ちでやらないと意味無いからね)

プライムデリカ株式会社

コンビ二向けの商品を製造している会社。弁当やサンドイッチ、デザートなど様々。
直接雇用のパートさんが多く働いている、年齢層が高めで女性が多いかなのかは分からないが、フルキャストなどから来た若い女の子がよくおばちゃんに怒鳴られたり、本人が居る前で聞えるほど大きな声で愚痴を言う場面などを何回も見てきている。

その理由は、ろくに指示も出さずに作業内容も方法も教えずに、作業をさせるところにある。更に、全く初めての作業をする人間に対し、慣れた人の作業スピードを求めてくる。こうした人間による精神攻撃が非常に強い職場で、常に人員が集まらない。

また、体力面でも9時間のうち休憩時間1時間はしっかりあるのだが、製造場所から休憩場所までが歩いて5分、クリーンスーツ等への着替えが必要なので5分、入るときにもまた着替えなければ行けないので計15分掛かる。実質の休憩時間は45分だ。それ以外に休憩は一切無い。

ただこうした労働環境は慣れると問題ではない。(慣れってこわい)

最大の問題は【食品製造工場なのに衛生面がダメダメすぎるところだ】

これはあかんやろ・・って思ったのが・・・

デザートの製造機械設備にカビが生えている。
床に落とした容器、アルコールをかけて再利用
掃除・清掃(床拭いたり)をした人が手袋を変えずに、製造ラインに入りそのままの手袋で作業をする。

ましてや絶賛店舗拡大中のセブンイレブン向けの食品なのにね。
どこの工場とは言わないけど、ちゃんと内部監査したほうがいいですよ。

あと食品の廃棄量が凄まじい。一日で廃棄する分だけで、食料不足の国にどれだけ貢献できるか分からないほど廃棄している。廃棄の基準もあるのだろうが、恐らくは現場のリーダーや仕切っている人が自己判断で【それ捨てて】みたいな感じになっているかもしれない。

自分が見たり、廃棄の基準を聞いた中では

ちょっと形が崩れたもの
一部が欠けたもの
色が悪いもの
小さいもの
盛り付けの見栄えが悪い、盛り付けが崩れて治しづらいもの・・等の理由で廃棄する。

野菜・デザート・肉捨て放題だ。

一緒にフルキャストから来ていた若い男の子が言っていた【もったいないなぁ~】
うん、君の感想は間違っていない。

株式会社オービービー

こちらも工場や部署によって色々変わってくるかもしれないが、過酷な労働環境が待っている。
一度ここに行った人は言う【あそこはもう2度と行きたくない】と・・・

ここは天国と地獄そして現世と呼ばれる場所がある。

多くの人は現世のライン上に配置されるのだが、こちらも力が要るので女性にはかなりきついと思う。4時間ぶっ続けで作業し休憩45分、そして4時間ぶっつづけの作業。

天国では一日中ひたすら大きいプチプチをダンボールの中に詰めていくという謎の作業。自分のペースで出来る。

地獄の場所に配置された場合。約3秒おきにコンベア上を流れてくる10~12冊ほど縦積みにされたニッセンの束(体感10キロくらい?)をひたすらパレットに6段積みしていく作業は地獄だ。一日この仕事をして腰を痛め1ヶ月ほど痛みに悩まされた、1週間ほどは立ち上がるのも寝転ぶのも激痛が走った。勿論労災なんか訴えても通らなかった。

日雇い派遣に行って良かった事と悪かった所

多くの人との出会いコミニケーションをとる事で、色々な価値観や考え方、人生、経験談などを学び、つながりも出来た。様々な職場に行き異なる労働環境や、企業の実態、仕事内容、効率のいい手法や考え方など、勉強になるものが多かった。これはひとつの会社で働き続けているだけでは中々得ることの出来ない経験だと思う。

悪かった所で言えば低賃金で働く事になる、止むを得ない事だが。またブラック企業のようなところに行くと世の中が濁って見えてくるようになる。いわゆるうつ病になるリスクもある。

どちらにせよ自分の視野を広げる事に必ずプラスになると思うので、臆せずに一度行ってみるといい。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!