KUSANAGIの記事のアイキャッチ画像

KUSANAGIなら超高速のWordPress環境を一瞬で構築できて泣いた

しばらく触っていなかったさくらVPSのこのブログ・・・
adsenseの収益だけ見てたらある日を境に激減していたので、確認してみると、2018/07/13辺りにサーバーでエラーを起こしていました。

復旧させようと色々触っている内にデータベースが逝ってしまい・・・、一応バックアップはあったので記事は無事でしたが、せっかくなので新しい環境で再度ブログを書いていこうかな~と思い、新環境を構築しました。

以前のブログ周りの環境

前のサーバー周りの環境はCentOS6+nginx+PHP7+mysqlでSSL対応し、http/2とFascCGI CacheでCMSはWordpress。

wordpress themeはLuxeritas Themeを使用していました。無料・軽量・高速でAMPとPWAに対応している素晴らしいテーマです。

2014年に初めてさくらのVPSを触り、10連休とか使って頑張って構築した思い出があります。サーバー周りの知識も全く0だったのでホントに苦労して作りました。

新環境の選択

新しい環境としてはGatsby.js+Wordpressで静的化ブログを検討していたんですが、時間も無いし、学習コストも高そうなので、それはGatsby+Netlifyでお金を掛けない方向で実験的にやる事にしました。

そしてブログ運営中にも気になっていたKUSANAGIが使えないかと調べてみたら・・・KUSANAGIって無料だったんですね。今まで有料のサービスだと思い込んでいて、初期の軽い情報しか調べていなかったのが悔やまれます。

そこで今回は下記の環境にしました。

  • さくらVPS for KUSANAGI
  • Nginx
  • PHP7
  • mariaDB
  • WordPress
  • Godios.

Godios.は無料のWordpress Themeで、Pjaxを採用しており、更にKUSANAGIにも最適化されている事から、このテーマに乗り換えました。

なんせ時代はユーザーフレンドリーです。

※最初はhhvmを使っていたのですが、どうもキャッシュをパージする際に、500(Internal Server Error)が出てしまうので、PHP7に切り替えたら直りました。

意外なほど簡単に終わった

どれだけ簡単なのかと言うと・・・

  1. さくらVPSにログイン後OS KUSANAGIをインストール
  2. SSHでVPSにログイン
  3. 公式のKUSANAGIの初期設定を見ながらwordpressのインストールまで進める

この3ステップでhttp/2+ssl+nginx+mariaDB+PHP7+wordpressの高速環境の出来上がりです。インストール待ちとかで待っている時間が多いので実質5~10分、実働3分くらいでしょう。

あとはWordpressの設定とか、bcacheとfcacheをONにしたりとか、セキュリティを高めたりとかの作業が必要ですが、それを含めてもこの高速環境が手に入るのに、数度のクリックと何度かのEnter、そして若干のタイピングで済むのは僥倖です。

私のブログの場合は、この後失った記事の復旧と整理を行い、200記事→57記事に削減しました。

新環境でブログを書いていくので、今まで見て下さっていた皆様、またよろしくお願いします。