これからwordpressを使い始める人へ!WordPressのローカル開発環境を作る方法【複数】

WEB制作, wordpress

一般的な中小企業のサイト制作において、今やWEB製作者にとってはwordpress等のCMSを使ってのサイト構築の技術は必須とも言えるレベルになっています。
wordpressを使用してサイト構築をするメリットを述べると

管理がしやすい。
クライアントが簡単に更新できる環境を構築しやすい。
自作でフレームワークを作っておくと、新規作成時に作業の効率化が出来る。
コンテンツを容易に追加できる。
コンテンツ重視になるつつあるSEO対策がしやすい。

等と言ったメリットがあげられます。

こういったCMSは他にもありますが、情報量の多さと学習コストの低さ、自由度の面で見てwordpressをオススメします。

そんなwordpressですが、まず第一にローカル開発環境を整えること。
初心者の方にたまに見られるのが、サーバーに上げてから開発を開始する人が居ますが、これは非常に効率が悪いのでやめましょう。

開発環境を整えずにスタートすると問題が起きた時に困りますし、効率も大分落ちるのでこれからwordpressを使い始める方は開発環境を整えておきましょう。

スポンサーリンク

ローカル開発環境を整える

ローカル開発環境を整えるにはまずwindowsの場合は【XAMPP】を使い、Macの方は【MAMP】を使います。

このローカル開発環境の構築について、かなり分かりやすい記事がありますのでご紹介します。

【xampp】or【MANP】の導入からwordpress導入まで
windowsの方はこちら
XAMPPでローカル環境構築 – インストールからWordPressの設置までやってみる。 | Creator Life
Macの方はこちら
MAMPを使って自分のMacの中にWordPressが表示できる環境を作る方法 | ごりゅご.com

途中で設定をミスらなければ、上記手順で問題なく開発環境の構築ができます。

複数のwordpress開発環境を整える

自作のテーマを作り開発に取り掛かかれる準備は出来ました。
しかし、この状態では【複数のサイトを開発する】面で言えば非効率です。

そこでローカルのwordpressをマルチサイトに対応しておきます。

解説記事↓
windows&Mac共通
WordPress 3.4 をマルチサイト化(複数サイト管理化)する方法|ローカルサーバー編 – ウェブ学のすすめ

こちらの記事どおりの手順でマルチサイト化の設定をすれば、複数のサイト開発が容易になります。

マルチサイト環境を整えることで得られるメリット
追加したサイトごとにデータベースのテーブルが追加される。
追加したサイトごとにpluginやテーマの切り替えが出来る
インストールするwordpress本体は1つのみなので容量をとらない
ログインは共通ページから行える

追加したサイトのデータベースのテーブルが追加されるので、新しいサイトの中身は初期状態からスタートできます。
またサイトごとに有効化するpluginやテーマが選べます。
既に追加しているテーマやpluginも再インストールする必要はありません。

既存開発サイト
既存開発サイト
新規で追加したサイト
新規で追加したサイト

管理するサイトの切り替えも、上部管理メニューバーから追加したサイトを選ぶだけで切り替えられます。

開発サイトの切り替え
開発サイトの切り替え

これと違った方法では例えばXAMPP等でhtdocs内に【wordpress1】【wordpress2】【wordpress3】といったフォルダを作り、その中に一つずつwordpressをインストールするのは面倒ですし、容量も食います。

更には増やした分だけインストールの手順を踏まなければいけないし、ログインするのにもわざわざ違うディレクトリにアクセスしなければいけない手間が増えます。

マルチサイト化しておくとログインは一つのページからのみで行え、サイトの開発も管理も非常に効率よく作業することが出来ます。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!


PAGE TOP