SEOにも強い!簡単にカスタマイズが出来るwordpressの無料テーマ【Simplicity】が凄すぎたので乗り換えてみた。

WEB制作, wordpress, ブログ運営

2015年心気一転で新しいwordpressテーマを自作しようかなとか考えていたんですが、開発の時間がそんなにとれない上、hentryのマークアップに対応するのが非常にめんどくさかったので【何かいいwordpressテーマは無いかなぁ?】と探していました。

以前のテーマはXHTMLで構築されたもので、そろそろHTML5化しないとなぁ~と考えていたのと、Bootstrapに依存した作りになっていて、レスポンシブに対応していたのですが、CSSファイルの容量の大きさとレスポンシブ対応の為のjavascriptファイルの重さがネックになっていました。

そこで新しいテーマの条件として考えたのが
【HTML5】で構築されている。
レスポンシブデザイン対応
カスタマイズしやすい構造

これらの条件を満たしているもので候補に挙がったのは二つ。

まずsimplicityは、よく見るブログでも使われている所が多く、最近検索で訪れるブログでsimplicityを使っている所をちらほら見かけるようになったので気になっていました。

対してSTINGER5、こちらは有名ですよね。こちらも素晴らしいテーマで、まさにブログの為に最適化されたテーマ、数多くの有名ブログで現在も使われていますね。

どちらのテーマにするか非常に悩んだのですが、twitterでのつぶやきにレタマメさんがアドバイスしてくれたので、最終的にsimplicityに軍配が上がりました。

https://twitter.com/retamame/status/552843440057090048

【WEBの知識そんなに豊富じゃないですよ><】

そこでsimplicityを選んだ理由とこのテーマの魅力をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

SEO対策がかなり最適化されている

公式の解説ページから引用します。

デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0
タイトルや見出しなど適切なHTML構造に
アーカイブ、タグ、検索結果ページなどはNOINDEXに
(質の低いページと判断されないように。ただしリンクフォローはする)
リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える
TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える
テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす
hentryのマークアップに対応
ウェブマスターツールの構造化エラー0

個人的にはhentryのマークアップに対応している事で非常に満足なんですが、これだけ見ても疑り深い人は【本当かなぁ~】と勘ぐってしまいます、私もそうです。ただ【このテーマ本当にSEOに強いんだな】と感じたのが、次のきっかけ。

simplicityの情報を調べたかったので、【simplicity】というキーワードでgoogle先生で検索したら、表示順の5位くらいに次の記事を発見しました。

記事の内容とはてなブックマークによる効果もあると思いますが、記事数がそれほど多くなく、ジャンル特化型のブログでも無いのに上位に表示されていたので、SEOに効果があるんではないかと。

ちょっと発見した時のキャプチャを撮らせていただきました。

記事数

記事数

最終的にはコンテンツの内容(記事内容)が、ブログのSEOの最大の要ですが、内部対策がかなりしっかりしている点で、凄いと思いました。

SNSへの対策が抜かりない

simplicityが対応しているSNS共有ボタンの一覧です。

SNS共有ボタン一覧

SNS共有ボタン一覧

  • Twitter
  • facebook
  • googlePlus
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Evernote
  • LINE

twitter,facebook,googlePlus,等のフォローボタンとRSS購読用アイコンボタンもあります。

更に、Twitter CardsとFacebook OGPのタグがデフォルトで挿入されるようになっています。pluginを導入する手間や自分でコードを打つ手間が省けるのが素敵です。

非常にカスタマイズが簡単

全くコードが分からない人でも十分にカスタマイズ出来る親切設計になっています。

日本人が作ったので解説は勿論日本語
サポートフォーラムがあるので、気軽に質問できる
Simplicityサポートフォーラム
豊富な設定項目がある

公式サイトでもかなり詳細な解説があり、細かいカスタマイズの記事も更新されています。

【外観】→【カスタマイズ】から設定出来る項目も以下のように、かなりあります。

カスタマイズページ

カスタマイズページ

設定項目

設定項目

googleanalyticsやwebmastertoolの設定等も、この項目から設定出来ます。

更に更に!直接テーマファイルを触ってコードを打ちカスタマイズしたい人向けにも優しい。
コードの記述にきっちりとコメントが付けられています。

コメントもきっちりつけられている

コメントもきっちりつけられている

カスタマイズしてみた

簡単に出来るカスタマイズをしてみました。
まずSNS共有ボタンですが、やはり表示速度がどうしても気になるので、pluginを使用しsingle.phpにコードを記述し表示速度を高速化しました。

猫に好かれる方法

ちなみに↑の表示も【simplicity】の機能の一つで、自サイト内のリンクであればURLを直接記述するだけで、このようなスタイルで表示してくれます。

次に見出しタグのCSSを変更。
といってもよく使うH3タグだけ、吹き出しデザインにしました。

猫に好かれる方法

最後に記事を書いた時間の表示
これは自作のプラグインを使っています。

猫に好かれる方法

ちょっとした失敗談

ちょっと失敗した事があるので、注意点をひとつ。
今までサムネイルサイズの出力をオリジナルのサイズでやってた方は、テーマインストール後にサムネイルの再生成をしておいたほうがいいです。

テーマインストール後に表示速度の確認をしていたら、えらい表示速度が遅かったんですよ。3秒とか4秒とかくらい。
原因は記事一覧や関連記事等で表示されるサムネイルサイズが、フルサイズのものが使われている事でした。

外観→カスタマイズのメニューの、【ページ全体の設定】からサムネイル画像の設定ができるんですが、【一覧リストのスタイル】→【サムネイルカード(デフォルト)】に設定していても、サムネイルの再生成を行っていた方がいいようです。

サムネイルの再生成にはRegenerate Thumbnailsというwordpress pluginを使いました。
再生成中は負荷がかかり、ブログの表示速度が落ちるので、アクセスの少ない時間帯に実行した方がいいです。大体700個位の画像で、10分~15分掛かりました。

まだ使い始めて間もないですが、SEO効果に期待しつつ記事を書いていきます。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!