wordpressモバイル フレンドリーの対策でrobot.txtの変更設定

WEB制作, wordpress

2015/4/21から実地されたgoogleの【モバイル フレンドリー】

スマートフォンに適切に対応しているサイトの順位を上げ、適切な対応がされていないサイトの順位を下げるという大きな検索エンジンのアップデートなので、WEB製作者は対応必須といったところか。

おおまかな概要は以下の通り

パンダやペンギンアップデートよりも大きな影響があるとの情報。
Googleの定めるスマホ対応の基準を満たす必要がある。
順位への影響はモバイル検索結果のみ。

このブログのアクセスユーザーの環境でも6:4でスマホユーザーが多い。日によっては8:2ほどのアクセス比率になる事もあるので、スマホ対応は今最も重要視すべき項目だと思います。

モバイルフレンドリーへの対策方法

まずは既存サイトのURLを下記サイトで入力しテストをする。

モバイル フレンドリー テスト

スマホ対応の基準を満たしていれば以下の様に表示される。

モバイル フレンドリー テスト
モバイル フレンドリー テスト

基準を満たしていない場合は、その場で問題の箇所や対策方法等が表示されます。

wordpressでのrobot.txtの変更

最初にテストしたときに基準を満たしていなかった。原因はページレンダリングに関わるjsファイルやcssファイルをrobot.txtでロボットのクロールを拒否していたからだ。

改善前のrobot.txt

ページレンダリングに関わるファイルがthemesディレクトリやpluginsディレクトリの中にある為、拒否設定になっているのを許可設定に変更。あわせてwp minifyなどの軽量化pluginを使用している場合、ファイル名に【?】が付いたりするので、【Disallow: /*?*】などの設定も解除した。

変更部分は以下の通り
・Disallow: /wp-content/themes
・Disallow: /wp-content/plugins
・Disallow: /*?*
・Disallow: /*?

改善後のrobot.txt

これでrobot.txtの設定は適切なものになった。だがこの後に少し躓いた。

スポンサーリンク

変更したrobot.txtが変更されていない

改善後のrobot.txtをサーバー上に上げ、googleウェブマスターツールのrobots.txt テスターで送信・確認しても、変更が反映されなかった。ブラウザ上でrobot.txtのファイルに直接アクセスしても変更が反映されていない・・・。

【なんでやねんっ!】とか思いながらも原因に心当たりがあったので、直ぐに対処してみることに。

nginxの静的ファイルのキャッシュが強すぎた

robot.txtの変更が反映されない場合、nginxに限らずプラグイン等、静的ファイルのキャッシュを強くしている場合は、キャッシュ周りの設定を疑ってみるといい。

手っ取り早くnginxのキャッシュディレクトリのキャッシュを全て排除したが、それでも変更が反映されなかったので、静的ファイルに関してはキャッシュを排除するだけではダメみたいだ。

あれやこれやとやって、結局うまくいったのがキャッシュディレクトリを変更したらうまくいった。私自身、サーバー関連の知識は乏しく調べても出来なかったので、どうしても出来ない方は以下の方法を試してみるといい。

・新しいキャッシュディレクトリを作成しておく
・/etc/nginx/conf.d/default.confを編集

default.confの変更箇所(変更前)

default.confの変更箇所(変更後)

・proxy_cache_pathをcache1からcacheに変更
・proxy_cacheをcache1からcacheに変更

設定変更後にteratermなどでnginxを再起動する。

これでnginxの設定が反映され、新しいキャッシュが生成されrobot.txtの反映も正常に行われ、モバイルフレンドリーの基準もクリアできました。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!


PAGE TOP