これは流行る!google chrome拡張機能・無料のHD画質の動画キャプチャーツール『loom』

PCツール

デスクトップやアプリケーション、ブラウザの画面を友人や知人に見せたり、共有したりする事って結構ありますよね。また、ブログとかを書いている方でも、結構頻繁に画面キャプチャをしていると思います。

静止画の画像キャプチャなんかだと、私は『Nimbusスクリーンショット』というアプリを使っています。

このように静止画のキャプチャツールは探せば色々とあるんですが、動画のキャプチャが欲しい時にツールを探しても中々いいのが見つからなかったんです。(PCにインストールして使うものや、キャプチャ動画にクレジット表記が入ってしまうものなど)

そんな中、久々に動画キャプチャーツールを探したら、手軽に使え、ロゴの表記も無し、画質もいい『loom』というキャプチャーツールを見つけたのでご紹介します。

スポンサーリンク

『loom』の特徴

  • 動画キャプチャはブラウザ以外にも起動しているアプリケーションも選択できるので、ゲーム画面のキャプチャをしたり、ソフトウェアの操作等を動画に出来る。
  • 画面全体のキャプチャが可能、chromeでは、現在開いているタブ部分のみを選択可能。
  • 撮影したキャプチャは、loomのサーバーに保存される。
  • サーバーに保存された動画の保存期間は7日間
  • loomのWebサイトで保存された動画を誰でも見る事ができ、他人に見られないようにロックする事も可能。
  • MP4形式で動画をダウンロード可能
  • ロゴ・クレジット表記無し
  • 埋め込みタグもワンクリックコピーで取得可能
  • マイクやCamと連動可能

注意すべき点としては、初期状態ではキャプチャの制限時間が10分、動画の保存期間が7日間です。

但し、loomを友人や知人、はたまた誰かに紹介してloomにサインアップしてもらう、もしくはキャプチャした動画を公開して、その動画からloomにサインアップする事でクレジットが貯まり、そのクレジットを使用して制限時間と保存期間を無制限に変更できます。

私のリンクは下記になります、よろしければこちらからサインアップしてみてください。
よろしくない方はインストール後、loomの拡張機能ボタンを押す事でloomのサインアップ画面に移動します。

『loom』のデモ

実際どのような感じなのかキャプチャしてみました。

まずはアプリケーションのキャプチャ
SubLimeTextで適当にコードを打ってキャプチャしました。

loomの埋め込みタグ(7日間の制限があるので動画が消えてたらごめんなさい)

次にブラウザの現在タブのみのキャプチャ&loomのサイト上での動画再生。
(WordPressの埋め込み動画プレイヤー、エンコードしているので画質は落ちています。)


このように埋め込みタグでの表示と、loomサイト上では、動画プレイヤーのオプションで等倍速~3倍速までの速度変更が可能な事と、フルスクリーンでの閲覧が出来ますが、右下にloomの表記が入ります。

MP4でダウンロードしたファイルにはクレジット表記がありませんし、結構高画質なので満足。

しかし上記の動画でも8.67MBとファイルサイズがやたら大きいので、ブログやSNSにUPする用途では、一度動画編集ソフトでエンコードしなおす必要があります。動画編集にはavlutlを使いました。

『loom』の使い方

簡単な使い方をご説明

loomをインストール後、拡張機能ボタンが追加されるので押す。
STEP1
STEP1
サインアップ済みであれば、以下のインターフェイスが現れる。
STEP2
STEP2

MicとCameraはクリックするとデバイスのアクセス許可を問われるので、使用する場合のみ許可をする。PCに接続していない場合は、解説の動画が再生される。

Captureアイコンをクリックし、キャプチャするものを選ぶ
STEP3
STEP3

Current Tabはchromeで開いているタブの画面のみ、Cam Onlyはカメラのみ、Desktopを選択すると、StertRecoding押下時にPCの全画面か開いているアプリケーションウィンドウを選択できる。

STEP4
STEP4
STEP5
STEP5
録画開始後のアイコンメニューは以下のようになっている。
STEP6
STEP6

初期設定のショートカットキーは以下の通り
Alt+Shift+Cで録画中止
Alt+Shift+Lで録画完了
Alt+Shift+Pで一時停止

loom自体の起動もAlt+Shift+Lで行える。

録画完了すると公式サイトの自身のページに移動する。動画のタイトルや、補足コメント等が付けれるほか、埋め込みタグやリンクのコピーなどが行える。
動画情報の入力
動画情報の入力

動画プレイヤーの下にアイコンが並んでいる、左側から『Twitterシェアボタン、facebookシェアボタン、Gmailで送る、埋め込みコード取得、動画URLのコピー、動画にパスワードをかける、MP4形式でダウンロード、動画排除』となっている。

動画の下側アイコン
動画の下側アイコン

更に下には、Descriptionエリアがあり、Editボタンを押す事で、動画の概要や解説を書いたり出来る。

コメントを付けれる
コメントを付けれる

シークバーに合わせて秒数ボタンも変化するので、細かい説明を要れる時など役立つと思う。

時間入力も楽
時間入力も楽

以下はMy Videosのページ例

My Videos
My Videos

まとめ

海外発のWebサービスとchrome拡張機能ですが、登場から約1年が経過しており、ユーザー数も10万人以上いる。キャプチャ動画の質もいいのでこれからどんどんユーザー数が増えていくんじゃないかと思っています。

同じchrome拡張機能で動画キャプチャーと言えば、『Screencastify』が有名ですが、無料版と有料版があり、無料版では動画にロゴが入ってしまうのと制限時間が10分なのが辛いところです。

loomにも手軽にyoutube等の動画共有サイトに投稿できる機能も欲しいですが、ユーザーが増える事で要望も増え、更に便利な機能が付与されていくと予想します。

というわけで、動画キャプチャツールで迷った方は、一度インストールしてみてください。オススメします。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!


PAGE TOP