hogeって何?今更気になったから調べてみた。

ライフハック, 雑学

WEB業界の人やプログラミングに関わる人なら恐らく見たことがあろう【hoge】

よくよく考えれば、サンプルコードとか色々な所で使われているし、自分でもサンプルコード書いてる時に使ってるのに意味とか知らなかった!
つい先日知り合いに【このhogeってどういう意味?】って聞かれて、回答に困ったので調べてみた。

スポンサーリンク

hogeとは

よく見る例としては

<div id="hoge"></div>
$('#hoge').html();
#hoge{color:#000000;}
var hoge;

こんな感じに要素名や変数名に使われていますね。

調べてみて速攻で答えが見つかりました。
メタ構文変数 – Wikipedia

プログラミング言語では識別子(変数や関数などの名前のこと)を自由に定義できるが、サンプルプログラムなどでまったく意味の無い変数に適当な名前がなく困ってしまうことがある。しかしどんな名前でも構わないからといって「wikipe」などとつけると、そのプログラムを見た他の人はその変数に何の意味があるのかと悩むことになる。そのようなときに、「abcd」や「hoge」(ほげ)をはじめとするメタ構文変数を利用する。メタ構文変数はプログラマの間でサンプル用の意味が無い変数名であることが認知されているので無用な混乱が避けられるほか、書く側も苦労して名前をひねりだす必要がなくなる。
厳密には変数名ではない識別子(特定言語におけるクラス名やモジュール名など)についてhoge等が使われた場合でも「メタ構文変数」と呼ぶ。 また整数リテラルや 一般文書の人名記載例等、明らかに識別子でないものや、プログラミングに限定されない分野で用いられる類似概念も含めて「メタ構文変数」と呼ばれることもある。

プログラミングに限定されず広く利用されるメタ構文変数的な概念に人名がある。
日本語圏では「○○太郎」「○○花子」などが使われる。○○の部分には、記入を促す団体名をもじった名字や「日本」「山田」等が用いられることが多い。

つまりは誰かに聞かれた時にはこう説明すればいいのかな?

hogeとは、メタ構文変数と言われるもので、馴染みのある例で言えば、山田太郎や山田花子の様に、書類などの記入例のサンプルに記されているものと同様の意味で【サンプル用の意味が無い変数名】の事だよ。

hogeとは – はてなキーワード

hoge」と書いてあったら「必要な文字に置き換えて使ってください」という意味になる。

「hoge」は、「hogehoge」が簡略化されてできた。
「hoge」の類語には「fuga」「piyo」などがある。
米国では同種の役割を「foo」「bar」などが担うことが多い。

はてなキーワードの方にも詳しく書かれていました。

これでスッキリ( ´Д`)=3 フゥー

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!