もうこれで騙されない!HP・サイト制作を依頼する時に覚えていて欲しい3つのポイント

WEB制作, ライフハック, 雑学

【あなたが発注して制作してもらったWEBサイト、効果が出ていますか?】

扱う商品やサービスによって、売り上げの上昇幅は変わると思いますが、最低でも【2~3倍】の業績UPをしていなければ【効果が出ている】とは言えません。また業績のみならず、【会社へのお問い合わせが増えたか?】【商談の依頼が増えたか?】など、WEBの窓口を作った事による効果も出ているのか調べてみてください。

【効果が出ている】と実感している方ならば、その制作会社と大事に付き合ってください。
もし【効果が出ていない】のだったら、この記事のチェックポイントをチェックしてみてください。
【ひとつでも当てはまったら、制作会社を変更する事をオススメします。】

世の中には平然と詐欺行為を行っているWEB制作会社やフリーランスも居るので、本当に気をつけてください。
WEBクリエイターをしていた身として、そういう業者や事業主を見ると憤りを覚えます。

スポンサーリンク

制作実績を見る・確認する

まず第一に制作依頼をしようと思っている所のサイトを見ます。
必ず制作実績を載せて居ると思いますので、制作サイトを5個~10個ほど見てください。
制作実績のサイトを見比べてください。

似たようなレイアウトやデザインが多ければ、ブラック確定です。
恐らくは有料・無料のテンプレートを使いまわして制作しているところです。

ひどい所は、無料テンプレートを使用し、テンプレートの画像だけを差し替えてるだけで、制作費用をとっているところもあります。
【全く何も分からない人が3時間ほどで出来るレベル】なので、それで数万円のお金を取るのは如何なものかと思います。

制作実績を載せていないところは、ブラックな会社の可能性が高いです。

また制作実績に掲載しているサイト数や、掲載時期等も確認できたらしておきましょう。
数が少なすぎる場合も怪しいですし、一番新しい制作実績が数年前のものだったりします。

この事から分かるのは、自社のサイトでさえきちんと管理できていないのに、他者のサイトをきちんと制作出来るわけが無い、という事です。

また、可能であるならば制作実績に掲載されている会社にコンタクトを取り
【御社のサイトを拝見いたしましてご連絡いたしました。○○社の○○と申します。実は折り入ってのご相談がありまして、ご連絡させていただきました。御社が制作依頼された○○社なんですが、弊社もこちらでのサイト制作を思案しているのですが、良ければ実際のサービスについてご不満が無かったかお聞かせ頂きたいのですが】などと、丁寧に質問すれば大体答えてくれます。

制作内容にWEBコンサルティングが含まれているか

地域や業種、サイトのボリューム等にもよって制作料金は変わりますが、一般的な中小企業等のサイト制作費用を晒すと【20万~50万】ほどになります。

これは勿論お問い合わせフォームやCMSのシステムが入っての料金です。
更に健全な制作会社であれば、サイトを最大限有効活用してもらえるようにWEBコンサルティングも兼ねて行ってくれます。
もしお問い合わせをする際は、このWEBコンサルティングもサービス内容に入っているかどうか確認しましょう。

Webコンサルティングとは役に立つWebサイトへするための作戦を立てることです。 問題をはっきりと指摘し、どう改善すればよいかをアドバイスするWebコンサルティングが必要なのです。

このWEBコンサルティングのサービスが入っているかどうかで、良質な会社かどうかが簡単に判断できます。
最初からサービス内容に組み込んでいるという事は、その後WEBコンサルティングがしやすいようにサイトも制作するということです。

つまりはSEO的にもマーケティング的にもやりやすい土台のサイト構築をしてくれ、更にコンテンツを構築する際にはコンサルタントが相談・アドバイスしてくれるので、ほぼ確実に成果の出るサイト制作が出来るという事です。
結果的にWEBコンサルティングで成果をあげる事で、制作会社の評判も上がりますし、制作を頼んだクライアントにも利益があるので、一番理想的な形なんですよね。

コンサルティングの途中で意見が衝突する事もあると思いますが、それは本気で仕事に誇りを持って取り組んでいるからこそなので、情熱が見える制作会社・担当は稀ですが、出会えたらラッキーと思いましょう。

逆に値段が高い・安いに限らず、このWEBコンサルティングのサービスが含まれていなければ、アウトな制作会社と言えるでしょう。
制作依頼してヒアリングして出来上がって、お金払ってさようなら、【会社のハリボテ】がWEB上に残るだけです。

制作料金


先ほどの項目でちらっと制作料金の相場を書きましたが、【20万~50万】は一般的と思われる制作料金です。
ショッピングサイトの構築や独自の仕組みを持った会員サイトの構築など、規模にもよりますが100万や1000万単位の費用が掛かる場合もあります。

逆に【激安】を売りにしているサイト制作サービス
これは地雷ですので、やめておきましょう。

激安を売りにしているサイト制作サービス、大体相場的には1万~3万と確かに激安です。
但し、先ほどと同じような理由でハリボテを作るだけです。

鳥取砂丘に一枚のチラシを無造作に投げて宣伝しているようなものです。
いや、群馬という秘境にチラシを一枚隠して見つけてくださいっていってるようなものです。

フリーランスの中には、相当な技術力を持っている人も中には居て、これから事業を興す為に制作実績(数)を欲しがっている人も居ます。
なるべくコストをかけずに制作したい場合は、そういったフリーランスを見つけるのもいい方法かと思います。

更に制作内容の中で別料金として提示されているサービスでチェックするものがあります。
例えば以下のようなもの

  • お問い合わせフォーム・メールフォーム設置
  • ソーシャルサービス(SNS)共有ボタン設置
  • facebookのソーシャルプラグインの設置(ページのいいね)

こういったものを追加料金or別料金にしている所は、【私たち技術力が無くこんな簡単なもの作る作業にも時間がとられるからお金がかかります】と自ら能力の無さを露呈しているか、【どんな小さな事でも、金を取る拝金主義】なので、どちらにせよ制作依頼をだしてもいいものは作れません。

備忘録

さてさていかがだったでしょうか?
私自身WEBクリエイターとして仕事していた時期もあり、クリエイターとしてのプライドだけはいっちょまえに持っています。
正直サイト制作って自身の作品を作っている感覚なんですよ。

クライアントの要望を具現化しつつ、サイトとしての働きを十分にしてもらえるサイトを構築する、そしてそのサイトのコンテンツの更新の重要性や方法、サイトの有効的な使い方などをクライアントに教えてあげ、実際に成果を出して【制作依頼して良かった】と思われる所までがWEBクリエイターの仕事だと思っています。

しかし世の中そんなうまい事行かないのが現状です。
会社の意向で、そこまではやらない。と決められたら、そこまでの仕事しか出来ません。
本当は自分が携わるプロジェクトなんだから、技術の持てる限りを尽くして制作したい。と思っているクリエイターも居るかもしれませんが、会社の意向という重圧により潰されてしまう世の中、それが日本です。

そんなブラックな制作会社が蔓延る世の中ですが、今回のチェックポイントをチェックしておけば、ほぼ確実に良質な制作会社にめぐり合えると思いますので、覚えておくといいですよ。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!