無料で使えるAdobe製高機能画像エディターのwordpress plugin【Buooy Aviary Editor】

wordpress

最近ブログ記事書く際の画像編集が手間だなぁ~と思って、その部分を簡略化出来るようなツールとか方法を探していた。

んで探している内に以下の記事を発見!

ほぼコピペするだけでAdobe製WEB画像エディターを無料で使えるようにする方法

このブログで使用しているワードプレステーマ【Simplicity】の開発者でもある、わいひらさんが書いてる記事だった。テーマでもお世話になってるし、情報でもお世話になってるしで、ホントこの人凄い。

上記記事では、【サイト上で使用する用途】の解説だったので、管理画面とかで使えるwordpress pluginあったら便利そうだなぁ~と思って探してみたら直ぐに見つかったので紹介します。

※追記
plugin導入後に、プラグイン一覧ページの【停止】や【有効化】等のリンクが消えてしまう現象が出ます。
単純にこのpluginのある部分が原因で起こっているので、対策を追記しました。

スポンサーリンク

導入手順

まずpluginをインストールする前に、2つやっておく事があります。

  1. Adobe IDの登録
  2. Adobe Creative SDKでアプリ作成登録

この2つはわいひらさんの記事でも書かれていますのでそちらをご参考にしてください。

Buooy Aviary Editorをインストールする

導入方法は簡単。
管理画面のプラグイン新規追加から【Buooy Aviary Editor】を検索してインストールするか、ファイルを直接ダウンロードしてインストール。

プラグインを有効化後に、管理メニューの【設定】から【Aviary Settings】を開く。

【Aviary App Key】の項目に、Adobe Creative SDKで作ったAPPのClient IDを入力し、てSubmitするだけ。

Aviary Settings

Aviary Settings

Buooy Aviary Editorの使用所感

では今回紹介するプラグインがどのような感じの動作かを紹介。

Buooy Aviary Editor所感

Buooy Aviary Editor所感

この画像エディターを使うには、メディアライブラリから開く必要がある。プラグインが正常に動作していれば、画像にマウスを合わせれば【Image Editor】のボタンが表示される。

Buooy Aviary Editor所感2

Buooy Aviary Editor所感2

搭載されている画像編集機能は以下の通り。

Enhance

自動補正 Hi-def,illuminate,Color Fixの3種類選べる

Hi-def

Hi-def

Effects

カラー自動補正、25種類のプリセットがある。

Effects

Effects

Frames

12種類あるフレーム(枠)をつけれる。

Frames

Frames

Stickers

25種類あるステッカーアイコンを貼り付けれる。
画像の拡大・縮小や角度の変更も可能。

Stickers

Stickers

Crop

画像のトリミングが可能。任意のサイズを入力指定出来る他、16:9や6:4等のプリセットも9種類ある。

Crop

Crop

Resize

画像のリサイズが可能。
デフォルトでは相対比率になっている。真ん中の鍵マークを押すことで相対比率を解除する。

Resize

Resize

Orientation

画像の反転や角度の変更が出来る。

orientation

orientation

Focus

円形と線形のフォーカス調整が出来る。

Focus

Focus

Brightness

明るさの調整が出来る。

Brightness

Brightness

Contrast

コントラストの調整が出来る。

Contrast

Contrast

saturation

サチュレーション、彩度の調整が出来る。

saturation

saturation

Warmth

ウォーム、画像の色温度の調整が出来る。

Warmth

Warmth

sharpness

シャープネス、画像の尖鋭度を調整出来る。

sharpness

sharpness

splash

画像全体をモノクロ化し、ブラシでこすった部分に色を追加出来る機能。

splash

splash

Draw

ブラシで自由に描画できる。

Draw

Draw

Text

角度調整可能、フォントも数種類から選べるテキスト入力機能。

Text

Text

redeye

赤目補正機能。ブラシで任意の箇所をこすって修正。

redeye

redeye

white

ブラシでこすった部分を白色化できる。

white

white

Blemish

ブラシでこすった部分をぼかす事が出来る。

Blemish

Blemish

plugin導入後に起こる不具合

プラグイン一覧ページで【停止】や【有効化】等のリンクが消えてしまう問題の解決方法です。

wordpressのプラグインフォルダを開き、【buooy-aviary-editor】を開きます。

次に【v0.6.9】フォルダ→【admin】フォルダ→【class-buooy-aviary-editor-admin.php】ファイルを開きます。

21行目にあるコードを以下の様にコメントアウトします。

/*add_filter( 'plugin_action_links', array($this,'plugin_action_links'), 10, 5 );*/

次に81行目から87行目を以下の様にコメントアウト

/*public function plugin_action_links( $links, $plugin_file ){
		if( $plugin_file != 'buooy-aviary-editor/buooy-aviary-editor.php' ){ return; }
		$mylinks = array(
			'<a href="' . admin_url( 'options-general.php?page=aviary_settings' ) . '">Settings</a>',
		);
		return array_merge( $links, $mylinks );
	}*/

これで元通りに表示されます。

plugin_action_linksというフィルターフックは単純にplugin一覧の【停止】【有効化】等のボタンの横に、そのプラグインの設定ページへのリンクを挿入する為に使うものなので、コメントアウトしても問題ありません。

もっとスマートに直す方法もありますが、プラグイン一覧からsettingページに行く事はほぼ無いし、このプラグインはApp Keyを入れたらもうセッティングページ見る事が無いので、コメントアウトで十分です(‘A`)。

あとがき

このpluginのバージョンもまだ0.6で開発途上ですが、現状でも十分に使えると思います。
またAdobe Creative SDKの画像編集ツールのアップデートも頻繁にされている様で、正に今後期待のツールです。

個人的には、記事編集画面のメディアを追加から画像編集出来ると更に捗るのですが・・・アップデート待ちですね。

ブログ管理画面上で簡易的に画像編集が行えるので、ブログやってる人は導入を考慮してみては如何でしょうか?

別段ですが、途中から登場した猫達は、全て我が家の猫さん達です。

気になった方は以下の記事をどうぞ。

猫に好かれる方法

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!