アドブロックが普及する事で多くの人が不幸になるかもしれない

気になったニュース

Appleが新モバイルOS【iOS 9】で追加した広告ブロック機能【コンテンツブロッカー】
WEB上にある広告を非表示にするツールなのだが、賛否両論で色々な意見がある。

iOS 9の人気「広告ブロック」アプリ、公開2日で取り下げ──「多くの人を傷付けるから」

アドブロック利用者はPV収益に寄与しないのでタダ乗りフリーライドだと思います。

正味な話、【広告の押し売り】だとか【タダでコンテンツ見るのは割れと同じ】だとか、そんな事どうでもいい。

一人ひとりの価値観によって意見は左右されるであろうが、それによって実際に起こりうる事と対処について考えた方が有益だ。

サイト運営者側と一般的なWEB利用者側の視点で見て、アドブロックが普及すればどうなるのか?良いところ・悪いところを書き出してみました。

スポンサーリンク

アドブロックが普及する事で得られるメリット

  • 広告を読み込まない為、スムーズなWEBブラウジングが出来る。
  • 誤クリックや成果に繋がらない広告へのアクセスが減る為、RPMの低下を防げる。
  • 広告収入(アドネットワーク系)を目的としたスパムサイトやゴミサイトが減少する。
補足として、アドブロックでブロックできる広告の種類は限られているという事。script等で動的に表示される広告等には効果があるが、アンカータグのみの広告はブロックできない。

アドネットワーク系には絶大な影響を与えるが、アフィリエイト系の広告にはさほど影響が無いという事だ。

アドブロックが普及する事で得られるデメリット

  • 仕事を失う人、収入源を失う人が増える。
  • アドネットワークからアフィリエイトへ以降するサイト運営者が増え、ステマサイトが増える。
  • 広告収入がメインで成り立っている企業は意外と多いので、潰れる会社が多い。

考察

アドブロックが普及する事で、個人のWEBブラウジングは快適にはなる。
但しWEB上の広告が全て消えるわけではない、アドネットワーク系の広告を主体に運営してきた運営者が、アフィリエイト系の広告サイトにシフトしていく事が予想されるので、WEB上の広告が減るのは考えにくい。(それでもページ表示速度等は向上するだろうが。)

それ故に、【良質なコンテンツのサイト】が増える訳でもないし、【悪質なサイト】が減るわけでもない、これはもっと大きな所に原因がある。

広告に興味が無いユーザーが、アドブロックを導入する分には問題ないが、(むしろRPMの低下率が減る為、いい事だと思う。)広告に関してどっちでもいいと考えている一般ユーザーにまでアドブロックが普及する事が問題なのだ。

広告のブロックによって仕事を失う人が増える

以前こんな記事を書いた。

妊娠中でも出来る完全在宅の仕事と妊婦のパワハラ・マタハラ対策

この記事ではライティングに関しての仕事をオススメしているのだが、こういった仕事の案件が出ているのには【その案件を出しているクライアントが広告収入で成り立っている】からだ。

つまりはアドブロックでクライアントの広告収入が激減すれば、報酬額の低下、ライティングの案件自体が消えてしまう可能性もある。

そうなると怪我や病気、妊娠、出産などの理由で、在宅でのみ働く事しかできない状況の人は、収入源が断たれてしまう事に繋がる。

勿論ライティング以外の案件でも在宅可能なものはあるが、コンペ式で収入が安定しないものや、WEBサイト制作やバナー制作など、一定の技術と知識が無いと出来ない案件が多数だ。更に、在宅での収入が期待できないとなれば、通勤や融通の利くバイトやパートを探さなければならないのだが、今の時代特別な技術を持たない傷病者や妊婦にそんな融通が利く職場がすぐに見つかるのであろうか?

また、そういった人が増える事で、競争率が増える事にもなり、学生やフリーター等も仕事を見つけることが困難になるだろう。

まとめ

現状でアドブロックを利用する事で得られるメリット
個人のWEBブラウジングが快適になる。
デメリット
アドブロックの普及によって収入源を失う人が出る可能性がある。
競争率の増加により、バイトやパートも就職難になる可能性が増える。
広告収入メインで成り立っている会社が倒産し、関連業種の売り上げ低下。
全体的に売り上げ低下による経済停滞。

また、サイト運営者はこういったツールが出てきた事実と要因について考え、WEB広告の表示方法や位置についてのUI/ユーザビリティを見直す必要がある。

アドブロックによるデメリットの方が多いのだが、メリットについて他に何かあればご意見をください。

この記事が気に入ったら
『いいね』しよう!